メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

このページはホームの中の会社案内の中の会社沿革のページです。

会社案内

沿革

会社のあゆみ
昭和28年4月
(1953)
八幡製鐵所構内に九州特殊金属工業所を設立。
昭和29年4月
(1954)
八幡製鐵所硬質クロームめっき加工長期契約締結。
昭和32年7月
(1957)
半田めっき及びホワイトメタル盛付加工開始。
昭和33年11月
(1958)
ステンレス鋼板に対するニッケルめっき加工開始。
昭和34年6月
(1959)
九州特殊金属工業(株)に組織を変更。
八幡製鐵所銅めっき及びニッケルめっき加工長期契約締結。
昭和39年10月
(1964)
中山工業株式会社設立。
工業用硬質クロムめっきの製造を開始する。
昭和40年4月
(1965)
機械部品に対する金属溶射加工開始。
昭和50年5月
(1975)
無電解ニッケルめっき加工開始。
昭和51年8月
(1976)
電磁部品に対する貴金属めっき加工開始。
昭和52年10月
(1977)
プラズマ溶射装置を設置。
昭和57年7月
(1982)
中山産業(株)の作業を一部統合し、電解用電極の技術を導入。
貴金属めっきのクリーンルームを陣山工場に新設し、生産開始。
昭和58年1月
(1983)
電機磁気部品の磁気焼鈍開始。
昭和59年4月
(1984)
(株)九トクに社名変更。
本社敷地内に鉄骨3階建工場増設精密めっき加工開始。
平成3年3月
(1991)
精密無電解ニッケルめっき装置を設置。
平成4年10月
(1992)
円筒鏡面研磨機を設置。
平成6年11月
(1994)
構内工場移転。無電解ニッケルめっき設備大型槽の導入。
平成8年6月
(1996)
リレー部品クロムめっき装置の自動化。
平成11年8月
(1999)
ロール研削盤設置。
平成16年10月
(2004)
中山工業株式会社にて、無電解ニッケルめっき加工開始。
平成19年2月
(2007)
ISO9001:2000/ISO14001:2004認証取得。
平成21年4月
(2009)
ISO9001:2008 認証更新
平成25年10月1日
(2013)
(株)九トク、中山工業(株)を合併
平成26年5月1日
(2014)
構内工場を吉川機械工業株式会社へ事業譲渡。
このページの先頭へ
ページの終了