メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

このページはホームの中の会社案内の中のごあいさつのページです。

会社案内

ごあいさつ

社長写真 弊社は創業以来50余年、一貫して表面処理技術の向上蓄積に努めてまいりました。お陰をもちましてお得意様の信頼も厚いものをいただいていると自負しております。これも偏にお得意様始め、関係先の皆様のご指導ご愛顧の賜物と心から感謝しております。

今日、各分野における表面処理の技術革新が日進月歩で進展する中で、弊社は「経営の根幹は技術にある」ことを全社員が自覚し、さらに積極的な技術開発と新規分野の開発に全力を傾けております。また、急速に進む技術とますます高度化し多様化するニーズに対応すべく、各種インフラを整備し世界に通用する技術を培い、お得意様の多様なご要望にもお応えしていく決意でございます。

今後とも弊社の品質方針でもある「リアルタイムできめ細かいコミュニケ−ションを図ることによりお客様によい製品を提供する」ことを胸に日々努力を重ねていく所存でございます。より一層のご愛顧、ご指導をお願い申し上げます。


代表取締役会長 中山 康之
代表取締役    小坂 浩二

会社プロフィール

 (株)九トクの創業は昭和28年(1953)、八幡製鐵所構内に設立した九州特殊金属工業所が前身です。創業当時、八幡製鐵所で使用されていた通電用ロールは当時の国内技術では再生出来ず、再生するためにアメリカまで送り返していました。再生ロールの高コスト、長納期に着目、昭和29年(1954)硬質クロムめっき技術を開発し、再生ロールの国産化に成功しました。

 昭和34年(1959)九州特殊金属工業(株)に組織変更。同年、八幡製鐵所で使用される産業用ロール、ローラー、シリンダーロッドなど、大型機械部品への各種めっき加工を開始しました。昭和51年(1976)電磁部品に対する貴金属めっき加工を開始し、昭和57年(1982)には貴金属めっきのクリーンルームを新設。高い信頼性が要求されるリレー接点へのロジウムめっきを開始しました。昭和59年(1984)(株)九トクに社名変更し、(株)九トクの工業用めっき技術は国内外の製鉄、電機メーカーで利用されています。

 現在、本社・工場を八幡西区に置き、従業員数32人。めっき専門メーカーとして、工業用ロールや各種産業機械部品、金型、電極やリレー等の電気部品に精密・高機能のめっき加工を行っています。

技術プロフィール

 (株)九トクは昭和28年(1953)八幡製鐵所の各種機械部品、電子部品に対し、銅、ニッケル、クロム、貴金属等のめっきを行う会社として創業以来、一貫してめっき技術の研究開発を行い発展しています。大型ロールへの各種めっきから、無電解ニッケル、電子部品への精密めっき、最近はIC金型へのめっき加工まで手がけ、超最短納期ではお客様待機・持帰りで加工しています。

 (株)九トクは企業コンセプトである「技術に経営の根幹を求める」を企業展開の柱と考えています。全社あげてのさらなる技術革新に努め、新規分野の開拓にも積極的に取り組んでいます。

 また、若手に技術を伝承する取り組みとしては、日頃からOJTによる現場研修を行っています。めっきはさまざまな化学物質を扱うため、取り扱いの国家資格取得を奨励しています。今後はさらに、ISO取得に絡めて、社内に認定制度を設け、積極的に人材育成に取り組みたいと考えています。

このページの先頭へ
ページの終了